k様より外構工事の依頼
 プランを立てて秋ぐらいに工事スタートになる予定です。
 家がまだ完成しておりませんので、完成次第プランを詳細につめる予定になっております。
 変更は自在に出来ます。外構工事の予定がありましたら気軽に相談してください。
 お問合せは、お問合せフォームをご利用いただくかTEL又はFAXでお問合せ下さい。

 [お問合せ]
 茨城県常陸太田市町屋町1487番地
 TEL:0294-78-0036
 FAX:0294-78-0037

御影石塀のこだわり
 御影石は水の吸収が少ないので、色むらが発生しにくく、さらに凍害に強く風化することもない日本の気候に適した建材です。しかし表面を『割り肌』にすると、長雨や湿気等によりカビが生える可能性があります。したがって、湿気の多いところ日が当たらない場所では割り肌仕上げは避けるべきです。
 比重が重いため基礎部分は大谷石に比べて1.2倍の強度をもたせ(コンクリートの強度を強くし)、鉄筋もD13以上を使用するなど、設計強度には余裕を持たせる必要があります。
 その出来上がりは石の中に含まれる水晶の輝きが長く保たれ、遠くからも見栄えがします。
 御影石は現在中国から、従来よりもリーズナブルに仕入れることが可能です。
 是非ご検討ください、見積もり依頼をお待ちしております。
※画像をクリックすると拡大表示されます。
 お問合せは、お問合せフォームをご利用いただくかTEL又はFAXでお問合せ下さい。

 [お問合せ]
 茨城県常陸太田市町屋町1487番地
 TEL:0294-78-0036
 FAX:0294-78-0037

古い大谷石のこだわり(耐震補強)
 古い大谷石の壁は、積み上げてあるだけなので、地震で崩れるおそれがあります。
しかし、古い大谷石には味があります。「古い大谷石を残したいから、補強して使いたい」というお客様の願いをかなえます。新しい石で造り変えるのは簡単です。ですが、長い年月日、風雨に晒されてきた石の持つ独得の顔、その石に対する思いを耐震補強して残すという、施工方法に私どもは、こだわりと自信をもっています。
※画像をクリックすると拡大表示されます。

石積のこだわり
 石積とは意思の積み重ねであり、施工者の人格以上の石積は出来ないといわれるほど奥深いものです。
私どものスタッフはこの奥深さを出来る限り深く理解し、石積に対して向かい合っております。
たとえば、石にはそれぞれの顔がありその顔を如何に生かした積み方が出来るかを考える。
裏込め砕石には水の流れを予測して最適の転圧を加える。天端コンクリートはひび割れを防ぐ工夫として台形の形で打設。胴込めコンクリートは気泡の除去と上下の付着を考えます。
こんな表に現れにくい努力を積み重ね、50年先100年先までも自信の持てる作品だと言い切れるものづくりを常に目指しています。
※弊社提案のプランに関するお問合せはこちらから...